コーポレート・ガバナンスの重要性

株主等をはじめとして、企業のステークホルダー(利害関係者)が自らの利益を守るために、企業の経営者等をコントロール仕組みにコーポレート・ガバナンスがあります。

企業には、ステークホルダーとの対話を通じて説明責任を果たすことや透明性の高い事業活動を行うことが求められ、適切な行動が行われることで、最終的には企業価値を高めることができます。仕組には、企業側の独走や暴走、また、組織ぐるみの違法行為に対してチェックや阻止をするという大きな役割があります。

対象とされる要素としては、事業における透明性や健全性、遵守法の確保や、各ステークホルダーへの説明責任の重視や徹底があり、ここでは、適切な情報開示や管理者の責任の明確化、内部統制の確立が求められます。

具体的に実現させるための手段に関しては、それぞれの企業によっても重要点は異なるものの、一般的には、委員会設置会社の選択、社外取締役や社外監査役の増員、内部統制の仕組みの強化、不公正な取引の規制・開示、社員の行動規範や企業倫理憲章の設定、情報開示体制の確立、法務部の拡充・強化、内部監査室などによる監査役のスタッフ部門の拡充・強化を上げることができ、意思決定の会議においてしっかりとした議論ができることも重要な要素の1つとなります。