事業の海外展開にあたっての重要な視点

実際に海外進出を行う時には、まず最初になにをどこへ売るのかを考えなければなりません。どのようにしたら海外市場に売り込むことができるのか、どのようなものが海外で売れるのか、どの国へ進出するのが良いのかなど色々と難しい問題を一つ一つ検討・検証していかずして安易に物事を進めるのは避けなければなりません。例えば既存商品を海外市場に持っていってもニーズが無ければ売れる見込みは殆どありませんし、海外に似たようなものが既にあったりしたらそれ以上の性能やサービスを提供できるかと言うことも比較してみなければならなくなります。

又、既に進出をして成功している企業がどのような地域を主要市場としているのか成功事例等も調べるべき要点となります。では、いったいどのような国へ進出が現在では望めるかと言うことですが、基本的には次のようなことが考えられるのではないかと思います。人口の多い所や経済規模の大きな所、日本文化と似ていて日本製品に対し抵抗感が少ない所、日本との距離があまり離れていなくて移動などにもスムーズな所などが進出の第一歩には向いているのではないかとお勧め致します。忘れてはならないことの重要なものの一つにその国の法律があります。進出するのに法律により色々な規制のある国も多くありますので、法律を調べることは絶対に忘れてはならないことです。