コワーキングスペースの利用目的は1つではありません

コワーキングスペースという言葉を聞いたことがあるでしょうか?頻繁にオフィスの外で仕事をする方ならばご存知かもしれませんね。レンタルオフィスに似たワークスペースの一種ですが、個室ではなくオープンスペースになっている点がレンタルオフィスと異なります。複数の人が同じスペースを共有するため、主に他企業とのアライアンスを求める方が利用しています。

アライアンス目的という側面を持つため、多くのコワーキングスペースに備え付けられているデスクには仕切りがありません。仕切りのないデスクは他の利用者と交流しやすい反面、覗き見などのセキュリティ面で不安が残ります。1人で黙々と仕事をこなしたい方には向いていないと思われがちです。しかし、近年のコワーキングスペースは、場所によってそれぞれ異なる特色を持っています。仕切りのあるデスクを用意している場所や、個室が用意されている場所などがあり、ビジネスチャンスを得る目的以外の社会人も利用しやすくなっています。

コワーキングスペースは、アライアンス目的以外では以下のような目的で利用されています。

セミナー
セミナーの開催会場として利用されています。セミナーの参加者として訪れる他、セミナーを主催する場合も開催場所の候補に含めることができます。通常、会議室での開催となりますが、会議室を持たないコワーキングスペースでは、オープンスペースの一角を利用することになります。希望がある場合は会議室の有無をあらかじめ調べておきましょう。

交流会
企業間の親睦を図った交流会を開催する目的で利用されるケースもあります。本来のコワーキングスペースの利用目的に近いです。セミナー同様、個室や会議室が借りられるコワーキングスペースばかりではありません。開催場所に希望がある方は、ホームページなどを調べた上で利用するコワーキングスペースを選びましょう。

学生の勉強スペース
意外にもコワーキングスペースは学生の利用も多いです。勉強目的での利用が推奨されていないカフェや図書館では落ち着いて勉強できない学生が、コワーキングスペースを勉強スペースとして利用する傾向にあります。その中でも、特に、起業を目指す学生には人脈が広がるなどの様々なメリットがあります。

このように、コワーキングスペースを利用する目的は、ビジネスにおける出会いの場を増やすだけに限りません。そのため、コワーキングスペースもある程度対象者を絞ってサービスを提供しています。

例えば、こちらのコワーキングスペース(五反田)は、オープンスペースに備え付けられているデスクに仕切りがついています。隣の席が気にならないため、仕事に集中したい方に特におすすめです。シャワールームがあることから、長時間利用したい方にも適しています。

このような設備の詳細は公式ホームページなどに掲載されています。コワーキングスペースを利用する際は、自分の利用目的に沿った場所かどうかを事前に確認することが大切です。